【Looopでんき】と【どこよりも電気】を徹底比較!料金プラン・特徴を詳しく紹介

電力会社の切り替えを検討しているんだけど、【Looopでんき】と【どこよりも電気】どちらの電力会社がいいの?

こんな疑問にお応えします。

結論からいうと、どちらの電力会社でももお得に電気を購入することができる!さらに、生活スタイルに合った方の電力会社を選べば、よりお得に電気を購入することができる!です。

結論が長くなってしまいましたが、お得を最大限得るためにはそれぞれのサービスの特徴をしっかり把握し比較する必要があります。

この記事では、【Looopでんき】と【どこよりも電気】の特徴、比較結果を紹介しています。

 

【Looopでんき】と【どこよりも電気】の比較

【Looopでんき】と【どこよりも電気】の料金設定の比較を行いました。

 

 

それぞれの会社で料金プランが複数用意されているため、似たような条件の料金プランで比較をしています。条件としては、一人暮らし(契約電力が小さい)で北海道エリアです。

基本料金は、北海道電力や東北電力のような地域の電力会社から電気を買うと発生する料金です。最近では、基本料金0円という電力会社が増えてきています。

電力量料金は、使った分の電気量に発生する料金です。

例えば、1ヶ月100kwhの電気を使った場合、

どこよりも電気だと2,940円、Looop電気おうちプランだと2,950円発生する!という意味です。請求される電気代にはほかに、「再生可能エネルギー発電促進分賦課金」と「燃料費調整費」がかかってきます。下記の記事では電気代の計算方法について詳しく紹介されています。

自分で電気代を割り出して、料金プランの比較をしたい!という方は是非参考にしてみてください。

 

【Looopでんき】と【どこよりも電気】を比較した私なりの結論は以下のようになります。

一人暮らしでこれから電力会社の見直しが発生する可能性があるうちは、【どこよりも電気】とwifiをセットで契約して電気代を安くする。家庭を持って今後、電力会社の切り替えを行う必要性がなくなった場合、【Looopでんき】の再エネどんどん割にして将来の電気代を格安にする。

【Looopでんき】、【どこよりも電気】ともに電気代をかなり安くできると思います。どちらか選べと言われると私だったら、いろんな料金プランが用意されている【Looopでんき】を選びます。

我が家は、現状賃貸契約の関係で電力会社の切り替えはできませんが【Looopでんき】または【どこよりも電気】に切り替えることで、電気代が今よりも1500円程度安くなる!というシュミレーション結果になっています。

長い間、電力会社の見直しをしていない方、電気代を安くするため電力会社の切り替えを検討している方は【Looopでんき】か【どこよりも電気】でシュミレーションを行ってみてはいかがでしょうか。今よりも電気代が安くなる可能性があります。

 

【Looopでんき】はこんな方におすすめ



とにかく電気料金を安くしたい!環境問題に少しでも貢献したい!という方にLooop電気はおすすめです。

Looopでんきの最大の特徴が、基本料金が0円ということです。使った分の電気代しか発生しないというとてもシンプルな料金プランが複数用意されています。

基本料金が0円なので電力量料金の単価が高めに設定されていると思ったのですが、そんなことはありませんでした。電力量料金の単価他の電力会社のさほど変わらない、むしろ低い設定になっているので、電力会社をLooopでんきに変えるだけで基本料金がそのまま安くなる可能性があります。

Looopでんきの料金プランの中でも再エネどんどんプラン(北海道エリア限定)がおすすめです。Looopでんきから電気を購入し続けていると、どんどん電気代が安くなる!という料金プランです。

この料金プランの驚きポイントが、20年後以降の電力量料金の単価の安さです。

電力量料金の単価が22円/kWhというのは、他のどの電力会社よりも安いと思います。将来を見据えて節電をしていきたいと考えている方におすすめです。

我が家は賃貸契約の関係で利用する電力会社が指定されているので料金プランを変更することができません。我が家の料金プランでは、基本料金が毎月1,430円発生しています。

Looopでんきに切り替えると今よりも毎月1500円程度の電気代が安くなることが分かっているので、住宅管理会社と交渉して電力会社をLooopでんきに変更してもよいか交渉する予定です。

下記の記事ではLooopでんきの電気料金が安くなる理由について詳しく解説しています。

Looopでんきへの切り替えを検討している方は是非チェックしてみてください。

 

【どこよりも電気】はこんな方におすすめ




とにかく電気代を安くしたい!飲料水やwifiの購入や切り替えを検討していて一人暮らし!という方に【どこよりも電気】はおすすめです。電力量料金単価は、電気の使い始めた月から29.4円という低価格設定になっていて、どこよりもシリーズのwifiや飲料水をセットで契約することでさらに割引になります。

 

  • 一人暮らし
  • wifiと飲料水の購入を検討している
  • 使った分だけの電気代を支払いたい

上記の条件に合致する場合、【どこよりも電気】への切り替えがおすすめです。

私が一人暮らしをしていた頃、友達の家に泊まりに行ったり、夜遅くまでバイトをしていたりで自宅にいる時間が少なく、全然電気を使わない時期がありました。当時は地方の電力会社からしか電気を変えない時代だったので基本料金が発生してしまいます。

そのため、全然電気を使っていない月でも基本料金のせいで電気代が安くならない!

私が一人暮らしをしていた時代に【どこよりも電気】があれば、迷わず切り替えていたと思います。

 

料金プランの選び方

料金プランの選び方で最も重要なことは、約款(やっかん)に記載されている電気代に関する部分を確認する!ということです。

電力会社が公表している、「基本料金0円!」「月額1000以上安くなる!」は切り替えを検討している方全員にあてはまるものではありません。もしかしたら今よりも電気代が高くなってしまう可能性だってあります。

電気代を安くしたい!または付随する割引サービスを受けることで最大限のお得を得たい!と本気で考えているのなら、料金プランの約款(やっかん)をしっかり確認する必要があります。約款とは契約の内容や条件を一律に定めたもののことをいいます。電力会社が提供している料金プランには必ず約款が制定されています。

 

上の画像は、我が家が契約している料金プランの約款です。約款の中でも、電気料金に関する部分を抜粋して紹介しています。

今契約している料金プランの約款と切り替え後の料金プランの約款を見比べることで、どちらの料金プランがほんとうにお得なのかどうか!ということがわかってきます。

約款には専門用語が多く使われていて、文字ばかりなので読む気が起きないと思います。約款を詳しく読見込んでから契約を申し込む!という方はほとんどいないのではないでしょうか。電力会社が公表している料金プランは約款を要約してわかりやすくしたものなので、メリットだけを大きく紹介しているものが多いと感じています。料金プランのメリット・デメリットの両方を把握するには約款を読み込むしかありません。

約款の中でも私が注目して確認する項目が、電力量料金の単価です。電力量料金とは、電気を使った分に発生する料金のことで請求金額の約75%が電力量料金になっています。そのため、いくら基本料金が0円でも、電力量料金が高くなってしまえば電気代を下げることができなくなります。

上図で紹介している約款の電力量料金は、昼間の時間帯は電気を使えば使うほど単価が上がっていき、夜間の時間帯は昼間の半額程度の単価になる!ということです。契約している料金プランの特徴を約款で調べることができ、効率よく電気を使用できるようになります。

料金プランを選ぶときは、電力会社が公表しているメリットだけに注目すせず、デメリットや他の電力会社のメリットと比較をしてみましょう。

複数の電力会社を比較するなら、電気代簡単比較サイト【エネチェンジ】がおすすめです。

個人情報の登録やめんどうな手続きは一切不要。検針票の情報さえあればすぐに複数の電力会社の料金サービスを比較することができます。比較結果がとてもわかりやすく、「年間で〇〇〇円の節約になります」という具体的な数値が料金プラン毎に一覧表で表示されます。

さらに【エネチェンジ】から電力会社の切り替えをすると、【エネチェンジ限定キャッシュバック】特典がもらえます。上記で紹介している【Looopでんき】も特典が受けられる対象になっていますので、【エネチェンジ】からの切り替えがおすすめです。

下記の記事では、電気代簡単比較サイト【エネチェンジ】について詳しく紹介しています。

【エネチェンジ限定キャッシュバック】特典が対象の電力会社が紹介されているので是非チェックしてみてください。