プログラミングをオンラインで学習できるサービス【1st step】の特徴

Left Caption

豆父ちゃん

プログラミングをオンラインで学習できるサービス【1st Step】について詳しく知りたい

こんな要望にお応えします。

この記事では、オンラインでプログラミングを勉強することができる【1st Step】について詳しくご紹介しています。

【1st Step】の感想を結論から言うと、【1st Step】はプログラミング初心者でまとまった勉強時間を確保できない仕事をしている方にかなりおすすめ!ということです。

私は大手電気会社に10年間勤めていました。サラリーマン時代パソコンを使ったデスクワークがほとんどでした。

電気関係の会社であるにも関わらず、仕事で一番役にたったのがエクセルVBAというプログラミングです。VBAを扱うことができれば、いろんなエクセル業務を自動化・効率化することができます。

IT関係の会社でしかプログラミングは使わない!というのは大間違いです。少しでもパソコンを扱うのであれば、どんな会社でもプログラミングの技術が役に立ちます。将来に向けてスキルアップしたい!と考えている方は【1st Step】を利用したプログラミング学習を検討してみてください。

プログラミングをオンラインで学習できるサービス【1st Step】とは

【1st Step】はプログラミング未経験者のためのオンライン学習サービスです。

プログラミンの勉強を始めるには何から手掛ければいいのか!難しくて途中で挫折したらどうしよう!このように考える初心者に優しいカリキュラムになっています。オンライン型の学習サービスということで、自分の好きなタイミングと場所で勉強することができます。

プロのエンジニアが行う実務紹介というサービスがあります。これは、オンライン上で定期的に行われる講演会を視聴することで身に着けたプログラミングがどのように仕事で使われているのかを知ることができる!というものです。

以下の4つのコースを選ぶことができます。

 

  • C言語 基礎コース \44,800
  • java 基礎コース \44,800
  • VBA 基礎コース \44,800
  • 基礎コンプリートコース \79,800

基礎コンプリートコースは、C言語、java,VBA全ての基礎コースが集約されたものです。最終的に3つのプログラミングを勉強してエンジニアになる!という方におすすめです。

お好きなコースの申し込み完了後はテキスト、オンライン動画、講師への質問チャットの機能を使って勉強していくことになります。自分のタイミングで自分のペースで勉強を進めることができて、わからないことが出てくればプロの講師に質問できるという最高の環境でプログラミング学習を進めることができます。

 

オンライン学習サービス【1st Step】がおすすめの理由

【1st Step】がおすすめの一番の理由が、自分の好きなタイミングで自分のペースでプログラミングを学習できる!ということです。

私は以前、教室に通ってプログラミングを勉強する教育を受けたことがあります。このとき感じたことが、「プログラミングでは苦手とする部分は人それぞれ違う!もっとゆっくり勉強したい!」ということです。

具体的には、関数はすぐに理解することはできたけど変数については全く理解できない。苦手な分野はもっと時間をかけて勉強をすすめたい!という経験がありました。

【1st Step】のオンライン学習では、得意分野を早送りして、苦手分野をじっくり勉強することだって可能です。自分のペースで勉強することができるので、途中で挫折してしまう可能性もグッと低くなります。

もう一つのおすすめの理由は、しっかりと初心者が理解できるレベルの内容になっている!ということです。

プログラミングの参考書には、初心者向けと表記されていてもいざ中身を確認すると難しい表記が多くて理解できない内容のものがあります。プログラミングを途中で挫折してしまう方の多くが、難しい表記が多いテキストや参考書を使って勉強を始めている可能性があります。

プログラミングはとっつきにくく難しいもの!と思われがちですが、段階をしっかり踏んで勉強すれば決して難しいものではありません。【1st Step】の教材は、初心者がプログラミングの勉強を途中で挫折しないよう最適のレベルに設定されています。

 

【1st Step】はこんな方におすすめ

【1st Step】を利用したプログラミング学習は次のような方におすすめです。

 

  • プログラミング初心者の方
  • 確実にプログラミングスキルを身につけたいと考えている方
  • まとまった勉強時間の確保が難しい方
  • デスクワークの効率を上げたいと考えている方

プログラミング学習は、働きながら勉強するのがベストだと私は考えています。なぜなら、プログラミングを使って実現したい事柄を職場で常にイメージできるからです。

どういうことか具体的に説明します。

エクセルに写真を貼り付ける作業を何時間もかけて行っていたが、プログラミングを使って写真の貼り付け作業を自動化することでものの数分で処理することができるようになった。

これは私が実際にプログラミングを使って作業効率をアップさせた事例です。

 

プログラミング学習を進める上で、プログラミングを使ってやりたいこと(ここではエクセルに写真を自動で貼り付ける処理)がある!ということはとても重要です。今勉強したプログラムはあの作業の自動化に使える!今まで効率が悪いと思っていた作業のカイゼンに使える!というようなことを考えながらプログラミングを勉強することができます。

資格の勉強や学校の勉強も同じですが、具体的な目標がなければ勉強を継続させることは難しいと私は思います。

 

プログラミングができるとキャリアアップすることができる

プログラミングができると、仕事でキャリアアップできるようになります。なぜなら、プログラミングはこれからの時代必ず必要とされるスキルだからです。

手を動かして行うアナログ的な作業よりも、パソコンを使って行う作業の方が遥かに多くなっています。

私の職場では以下のような作業がデジタル化になりました。

 

  • 紙の書類を電子データ化
  • 仕事の報告はメールまたはチャット
  • ハンコの電子印化

これらのパソコンを使った作業はプログラミングを利用することで自動化・効率化することができます。

これからはパソコンを使った仕事がもっと増えていくと思います。その中でプログラミングを使えると、キャリアアップできたり周囲から優遇されることは間違いありません。

私が実際に経験した事例で、エクセルVBAで自分の考えを表現できるまでにプログラミングが上達した頃、会社からの評価を急激に上げることができました。評価が上がった理由として、VBAを使ってエクセル作業の効率をアップさせるプログラムを数多く導入することができるようになったから!です。

プログラミングを導入することで以下のような効果を会社が認めてくれました。

 

  • 作業時間の大幅な短縮
  • 作業ミスの激減
  • 複雑な操作を誰でも簡単に処理することが可能

エクセルVBAを使うのと使わないのとでは作業効率に雲泥の差が生まれます。プログラミングに興味のなかった上司も効果を認めざるを得なくなったんだと思います。

 

私の職場では、幸いなことにプログラミングを使える人がほとんどいませんでした。そんな中私は、エクセル作業の効率を上げるプログラムを数多く導入、すると私しかできない仕事が増えて周囲から認められるように!昇職試験の面接で自分の強みとしてアピールすることができるようになりました。

プログラミングはこれからの時代間違いなく必要とされるスキルです。今のうちに【1st Step】を利用してプログラミング学習を始めてみてはいかがでしょうか。

 

実際の仕事にVBAを導入した実例

実際の仕事にVBAを導入した事例をご紹介します。

その前に、私の職場環境を少しだけ説明させていただきます。私の職場では、申請書、請求書、領収書、設備台帳などありとあらゆる資料をエクセルで作成・編集しています。中には複雑な関数が設定されたエクセルファイルなどがあり、関数が壊されたり書類の様式変更に伴って関数を変更しなければならない事象が度々発生していました。

いろいろな問題を抱えながら、今までと同じ作業を繰り返し行っている!というような働き方をしていました。

こんな職場環境をカイゼンするために導入したVBAをご紹介します。

写真を自動で貼り付けるVBA

写真の大きさ、配置を自動で調整して貼り付けるVBAです。

写真の添付が必要な資料作成にかなりの時間と手間を費やしていました。作成者によって資料の出来栄えが異なる!という問題点もあり、どうにかカイゼンしたいとの思いから開発したのが「写真は自動で貼り付けるVBA」です。

このVBAを導入することで、作業時間の大幅の短縮はもちろん、誰でも簡単に写真が添付された資料を作成できるようになった!という大きなメリットを得ることができました。以前はパソコン操作が苦手なベテラン社員は時間がかかるから写真が添付された資料を作成しない!という傾向にありましたが、VBAを導入することでカイゼンすることができ職場全体の作業効率をアップさせることができました。

下記の記事では、写真を自動で貼り付けるVBAについて詳しく紹介しています。

 

シートからシートにテキストを転記するVBA

シートからシートにテキストを転記するVBAです。

氏名、住所、会社名が一覧表になっているシートから、申請書や契約書のような様式が決められた書類に必要な情報を転記する!という内容です。

この転記VBAを導入することで、以下の効果を得ることができました。

 

  • 編集項目の削減
  • 入力ミスの減少
  • 過去の記録をすぐに出力できる

以前はエクセルファイルをコピペして編集したり、テキストを表示する関数が壊されたりといったような効率の悪い環境で作業をしていましたが、転記VBAを導入することで編集ミス、関数の破損の恐れがなくなり作業効率をアップさせることができました。

下記の記事では、転記VBAについて詳しく紹介しています。

 

複数のエクセルファイルを一つにまとめるVBA

指定するフォルダに保存されているエクセルファイルのシートをコピペして、一つのエクセルファイルに集約するVBAです。

同じようなデータが記録されているエクセルファイルをいくつも開いて作業をするときに、複数のエクセルファイルを一つにまとめるVBAはとても有効です。ほかにも去年のデータを参考にしたい!ブックを分けていたデータを一つのブックで管理したい!というときに複数のエクセルファイルを一つにまとめるVBAを使うと一瞬で処理することができます。

下記の記事では、複数のエクセルファイルを一つにまとめるVBAについて詳しくご紹介しています。