電気代が高いと感じたら契約とブレーカーを確認【メインブレーカを変えるだけ電気代が安くなる】

Left Caption

豆父ちゃん

毎月の電気代を安くする方法ってないの?

こんな疑問にお応えします。

結論から言うと、低圧契約の場合メインブレーカを専用の電子ブレーカに取替えるだけで電気代を安くすることができます。

ブレーカを取り替えるだけでなんで電気料金を安くすることができるの?取替はどうやってやるの?といろんな疑問が浮かんでいるかと思います。この記事では電気代が安くなる仕組みや手続きについて詳しく紹介しています。

私がなぜ電気代が安くなる方法を紹介しているかというと、電気設備の保守管理の仕事をしていてお得な情報を入手することができたからです。

主に電気設備の検査をする仕事なので、電気料金についての知識はまったくの素人と同然です。

ですが、仕事での打合せでお客様から「電気料金を下げるコツとかないの?」、「LED照明みたいな節電効果のある電化製品ないの?」とよく質問されます。

質問されるたび、「全然詳しくないんです、すいません!」と答えていたのですが、電気関係の仕事をしていて電気代について全く知識がないわけにいかない!と感じ電気代について猛勉強していたとき電子ブレーカの存在を知りました。

電気の仕事をしているので、どうしてブレーカを取替えるだけで電気代がやすくなるのか、取替に伴うリスクはないのか。などいろんなことが気になりデメリットなどを調べてみたのですが電子ブレーカへの取替はメリットしかないと思います。

この記事では電気代が安くなる仕組みや電子ブレーカに取替えのメリットを中心に紹介しています。



電気代は簡単に安くできる

いくつかの条件に該当していなければなりませんが、メインブレーカを専用のブレーカに取替えるだけで毎月の電気代を削減することができます。

誰がブレーカを取替えてくれるの?どんな施設でも取替えはできるの?

いろんな疑問が浮かんでくると思いますが、依頼者様の手間のかかる作業は一切ありません。

やることと言えば、見積もり依頼と注文!たったこれだけです。

  1. 見積もり依頼
  2. 計測調査・削減プランご提案
  3. 電力会社へ申請・設置工事・試運転
  4. 電力会社の検査・確認

以上の流れで作業が進んでいくのですが、1の「見積もり依頼」以外は各担当の方が全て処理してくれます。

こんなに簡単なら相談だけでもしてみようかな!と感じた方は是非サイトをチェックしてみてください。

私が仕事でお世話になっている方にこの電子ブレーカの存在を知らせると、「試しに連絡してみる!」という方がほとんどです。中には実際に電子ブレーカに取替えて電気代が安くなったという方もいらっしゃいます。

 

電気代が安くなる仕組み

メインブレーカを取替えるだけで電気代が安くなる仕組みを簡潔に説明すると、電子ブレーカを設置し、契約容量を低くすることで低圧電力の基本料金を下げることができる!からです。

低圧電力とは、大きめの電気設備を扱う事業者向けのの料金プランのことで、業務用の冷蔵庫・エレベーターやエアコンで三相200Vの電気が必要となる電気設備を扱う事業場がこれに該当します。

低圧電力の契約には主開閉器契約と負荷設備契約があり、主開閉器契約の契約アンペア数を低くすることで基本料金を下げることができ電気代を安くすることが可能になります。

こまめに照明を消したり、コンセントから電気設備を外す!というような手間のかかる節電ではなく、契約の見直しなので今までと同じ電気の使い方で電気代を下げることができます。

 

似たようなことが、スマホの料金プランの変更!です。

スマホで全然ネットを見ないのにギガ使いたい放題プランで契約し、高い電話料金を払っている!のと同じです。最近では格安携帯に変えたり、ギガに制限があるけど割安のプランに変更する方が多いですよね。

今回紹介している電子ブレーカへの取替は電話料金を下げるためのプラン見直しと同じなんです。

電子ブレーカに取替えて電気契約の見直しをやってない方が多いのは、このシステムを知らない方がほとんど!だからです。携帯電話の料金プランのように毎日CMや雑誌で広告を目にすることができれば、電気契約について見直す方が増えていくと思います。

電気の契約って新電力の制度だったり、難しい用語や複雑な計算が紹介されているサイトが多くよくわからないですよね!深く考えす電力会社の契約のままだったり、比較サイトを使って一番電気代が安くなる会社と契約したり様々だと思います。

電気の契約含めて電子ブレーカを扱っているネオコーポレーションに相談してみてはいかがでしょうか。

電気をお得に使える新電力会社の契約のまま電子ブレーカへの取替が出来れば、さらに電気代を安くすることができるようになります。

 

電子ブレーカへの取替えはこんな人におすすめ

電子ブレーカへの取替はいくつか条件があるので次の項目に該当する方がおすすめです。

 

  • 契約内容が低圧電力の方
  • 以前と比べて稼働している電気設備が減っている方
  • 高圧設備への切り替えが難しい方
  • 高圧設備から低圧設備へ切替を検討している方

電気料金が高いので高圧設備へ切替を検討している方、まずは電子ブレーカへの取替を検討してみてください。

高圧受電設備は多額の初期投資が必要になり、さらに20年~30年が経過すると設備の老朽や経年劣化による設備更新で再度高額の設備投資が必要になります。高圧契約の方が毎月の電気代は安くなるのですが設備時代の金額、メンテナンスの金額を計算しておくことが重要です。

上記とは反対の状況で、高圧設備から低圧設備への切り替えでは設備にかかる費用はなくなるものの毎月の電気代が高くなってしまいます。

高圧設備のまま稼働するのか、低圧にして稼働するのか、いろんな必要経費を考慮して計画していきましょう。

その計画のなかで、低圧電力にすると電気代はいくらになるのか?を見積を依頼して把握しておくことはとても重要です。これからかかる毎月の電気代の目安を把握しておきましょう。

電気料金の契約を見直す

 

毎月の電気料金を安くする方法の2つ目が新電力による電気契約の見直し!です。

手っ取り早く電気料金を安くする方法なのですが、未だに契約の見直しを済ませていない方が多いのではないでしょうか。

電気料金は使った分だけお金がかかるもの!と考えている方が多くいらっしゃいます。

使った分の電気を支払う契約は従量契約と言われるもので、他にも定額契約、夜間電気料金が安くなる契約、高圧電力、などいろんな契約があります。お使いの電気設備や使い方に合った契約にしなければ余計な電気料金を支払っている可能性があります。

2016年4月に導入された「電力の小売全面自由化」により、いろんな企業が電気の小売り事業に参入することになり様々な電気契約を結ぶことができるようになりました。

例えば、携帯電話の企業が行っている新電力プランで電気料金を支払うと携帯の使用料金が割引になったり、割増でポイントがつく、という特典がもらえる場合があります。

電気料金は今までと同じ料金だったとしてももらえるポイントや特典だけお得になる!という仕組みです。

あなたの生活にあった電力プランに変更すれば、よりお得に今までと同じ電気を使うことができます。

電気料金の見直しについては下記のサイトがおすすめです。



エネチェンは国内最大級の電力・ガス比較サイトで、地域と電気のご利用状況から料金シミュレーションをして最適な電気料金プランをランキングで紹介、契約までワンストップで行えるサービスです。

電気の契約を変更するときは、今までよりもお得に電気を使えるようになるかどうか!が重要ですよね。エネチェンを使えば多数の電気契約プランをすぐに検索し比較することができるので、あなたの生活スタイルに合った電気契約プランを見つけることができるはずです。

さらに、エネチェンから契約変更のを申し込みを行うとギフト券のプレゼントやキャッシュバックなどエネチェンからの申し込みでしかない限定特典が多数用意されています。

もぅあの新電力の契約に変更することを決めている!という方もエネチェンから申し込んだ方がいろんな特典を貰える可能性があるので絶対におすすめです。