電気代基本料金が0円!【Looop電気】の料金プランに切り替えると電気代が安くなる理由を紹介

Left Caption

豆父ちゃん

【Looop電気】の料金プランで電気代基本料金0円ってほんとう!?【Looop電気】に切り替えると電気代が安くなる理由は?

こんな疑問にお答えします。

結論から言うと、電力会社を【Looop電気】に変更する!ということです。

私は電気設備の保守管理をする仕事をしています。仕事でお客様を訪問した際、「電気代を安くしたいんだけどなんかいい方法はないの?」と質問されることがあります。

そのとき、「電力会社を【Looop電気】に変更してみては?」と提案させていただきます。【Looop電気】に変更した大半の方から、電気代が安くなった!という回答をもらえます。

電気の使い方にもよりますが、電気の料金プランを昔から見直しをしていない!という場合、電力会社を【Looop電気】の料金プランに変更するだけで電気代を安くすることができるケースがほとんどです。

この記事では、なぜ【Looop電気】に変更すると電気代を安くできるのか?そもそも電気代の基本料金ってなんなのか?など生活に欠かせない電気の使用料金について紹介していきます。


【Looop電気】で電気代が安くなる理由

電力会社を【Looop電気】に変更することで、今までかかっていた基本料金が0円になります。このおかげで電気代が安くなるケースがほとんどです。

我が家で契約している料金プランでは、毎月1,430円という基本料金が発生しています。【Looop電気】の料金プランに変更するだけでこの基本料金が0円になるので、とてもお得に電気を使うことができます。

基本料金だけで考えると、【Looop電気】はとても魅力的な電力会社です。さらに【Looop電気】の料金計算はとてもシンプルで、電気を使った分の料金が発生する!という仕組みになっています。

上記の画像は、【Looop電気】のおうちプラン料金表の抜粋です。北海道で考えると、使った分の電気量に29.5円を掛けて電気代を算出することができます。単純に考えると、基本料金分の電気代が安くできる!ということになります。

今契約している料金プランで比較方法は変わりますが、【Looop電気】に切り替えることで電気代が安くなったという方が多くいのは、「基本料金が0円、従量料金が一律設定である」からです。

 

北海道地域にお住まいの方におすすめの料金プランが、再エネどんどん割です。

1Kwhにかけられる従量料金が、契約年数を重ねるごとにどんどん安くなっていく!という料金プランです。初年度の32円/Kwhという数字はそこまで安いと感じませんが、20年後の22円/Kwhはとても魅力的な数字です。

20年間【Looop電気】を使い続ければ、20年後以降の電気料金はかなり安くできる!ということです。基本料金が0円で従量料金が22円というのは、おそらく他の電力会社と比較しても最安値になると思います。切り替えをして数年はお得を得ることができないかもしれませんが、将来を見越して【Looop電気】の再エネどんどん割に今うちに契約しておく!というのもおすすめです。

 

【Looop電気】に切り替えるなら、電気料金比較サイト【エネチェンジ】がおすすめ

電力会社を【Looop電気】に切り替えるのであれば、【エネチェンジ】という電位料金比較サイトから申し込みすることをおすすめします。なぜなら、【エネチェンジ】限定特典を受けることができるからです。

【エネチェンジ】で我が家の電気料金プランの見直しを行った際、【Looop電気】の特典は6100円分のギフト券でした。【Looop電気】の公式ページから料金プランの切り替えを申し込みした場合、この特典をうけることができません。

【エネチェンジ】の使い方は下記の記事で詳しく紹介しています。

【Looop電気】以外の電力会社の特徴や特典をまとめて確認することができます。料金プランを【Looop電気】に変更しようと考えているけど、他の電力会社の特徴も調べておきたい!という方におすすめです。

 

電気料金の仕組み

電気料金は、各電力会社が公表している「約款(やっかん」というものを調べる必要があります。電気料金を算出する計算方法や基本料金・従量料金の金額が明記されています。電気料金に関する契約書のようなもので、電気料金や解約時の決まり事や割引について明記されています。文字ばかりで難しい表現が多いため読み解くことが困難だと思いますが、興味のある方は確認してみてください。

ネットで「Looop電気 約款」と検索すると簡単に調べることができます。

【Looop電気】のホームページで、「毎月〇〇〇円お得になる!」といった情報もこの約款を元にいろんな電気料金の計算をして表示させています。【Looop電気】の約款を詳しく読んでみると、基本料金0円、1Kwhあたりの従量料金もしっかり明記されていました。電気料金の計算方法について詳しく理解したいという方は【Looop電気】の約款を確認してみてください。

 

電力自由化のおかげでお得に電気を買えるようになった

電力自由化は、正式には「電力の小売全面自由化」といいます。どうことかというと、「電力事業に参入した事業所から電気を購入できるようになった」ということです。

「電力の小売自由化」が始まる前は、各地域にある電力会社から電気を買うという選択肢しかありませんでした。各地域にある電力会社とは、北海道電力や東北電力といった、〇〇〇電力という会社のことです。使う電気の大きさで料金プランが決まってしまうので、今のような生活スタイルに合わせた料金プランを選ぶということはできませんでした。

電力自由化はいろんな目的やメリットがあるとして推進されてきましたが、電力自由化から一般家庭が受けることのできる恩恵としては、「生活スタイルに合った料金プランを選ぶことができ、今までよりもお得に電気を利用することができる!」ということです。

例えば、大手携帯電話会社の電力プランから電気を買うと、携帯料金が割引になる!ということです。

もし電力自由化以前から電気料金プランの見直しをしていない場合、料金プランを変更することで今よりもお得に電気を利用できる可能性があります。

上記で紹介している【エネチェンジ】のような電力会社比較サイトを使えば、簡単にお得な料金プランに変更することができます。「比較すること自体めんどう、電気料金のことはよく理解できない!」という方は【Looop電気】での切り替えをおすすめします。いろんなお客様と打合せをしていて、【Looop電気】に切り替えて以前より電気代が高くなった!という方に出会ったことがありません。迷ったらまず【Looop電気】の料金プランを調べてみてはいかがでしょうか。

めんどうな電気料金の計算をする必要は一切ありませんので、軽い気持ちでサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。