電気工事を依頼するなら経験豊富な【電気の工事屋さん】がおすすめ!

Left Caption

豆父ちゃん

電気工事の依頼をしたいけどどうすればいいの?近所の電気工事業者に直接連絡してもいいの?

こんな悩みを解決します。

結論から言うと、電気工事依頼サービス【電気の工事屋さん】で電気工事の依頼をする!です。

電気工事を依頼することって滅多にないことだから、いざ電気のトラブルが発生したときどうすればいいかわからないですよね。

 

  • ホームセンターで電気工事だけ依頼できるの?
  • 近所にある「〇〇電気」って会社に電気工事を依頼できるの?
  • 電力会社に電気工事を依頼できるの?

上記のような連絡先だと電気工事の内容にもよると思いますが、高い確率で対応してもらえません。

私は電気関係の仕事をしているので、いろんな電気工事屋さんと繋がりがあるので電気工事で困ったことがありません。そこでふと思ったのが、電気と関わりのない方はどのようにして電気工事を依頼すればいいのだろう?ということです。

例えば、家で使っている照明やコンセントの調子が悪いからみてもらいたい!ブレーカーが頻繁に落ちるようになったから見てもらいたい!というときには必ず電気工事が必要となります。

私の知っている電気工事屋さんに、「一般家庭の電気工事の仕事の受注はどうすればいいの?」と聞いてみると、

「最近はネットから電気工事の受注を行っている。【電気の工事屋さん】を利用している人が多いみたい」

と教えてもらいました。

この記事では、電気工事依頼サービス【電気の工事屋さん】について詳しく紹介しています。電気工事を注文する予定がある方は是非参考にしてみてください。


【電気の工事屋さん】で依頼できる内容

一般家庭の電気設備全般の電気工事を施工することが可能です。

 

  • エアコンの取替
  • コンセントの取替
  • 照明の取替
  • 車庫の電源新設
  • 防犯カメラの設置
  • テレビアンテナの修繕
  • ブレーカーの取替
  • 換気扇の取替

これらの電気設備を工事するには、第二種電気工事士という資格が必要となります。【電気の工事屋さん】では公式ホームページでも掲載されていますが、国家資格保有者が必ず現場にて施工すると紹介されています。安心して電気工事をお任せすることができます。

さらに上記の内容にない電気工事の依頼でも相談にのってくれます。施工できるかできないか、金額はどの程度かかるのかを丁寧に見積もりしてくれます。

電気工事のことで困ったらまずは相談の連絡をしてみるのがいいでしょう。

 

 

【電気の工事屋さん】の対応エリア

対応エリアは全国対応です。どこに住んでいても対応してくれるのはとてもありがたいですよね。

以下の地域は出張対応エリアとして紹介されています。

 

北海道・宮城・山形・東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城・愛知・岐阜・静岡・山梨・富山・福井・大阪・三重・京都・滋賀・兵庫・和歌山・広島・岡山・香川・愛媛・徳島・福岡・佐賀・長崎・大分・宮崎・鹿児島・熊本

これだけ幅広いエリアに対応しているので、対応に時間がかかる場合があるかと思います。前もって早めに連絡するがおすすめです。

 

電気工事の依頼方法

電気工事の依頼方法には、メールで依頼する方法と電話で依頼する方法の2つのパターンがあります。

私のおすすめは、電話での依頼方法です。電気工事の依頼って専門用語が必要になったり、どのように施工してほしいのか施工方法を伝えるのってとても難しいことなんです。そのため電話で経験豊富なスタッフに聞き取りをしてもらうことで、注文の内容を確実に伝えることができます。

電話での注文は10時~19時という時間指定があるので、この時間帯に注文連絡ができない方は24時間対応しているメールでの注文になります。メールでは電気工事の内容を具体的に記述する欄のほかに、写真を添付することができる欄が設けられているので、写真データを使って工事内容を具体的に依頼することができます。

 

 

【電気の工事屋さん】の特徴

私が感じる【電気の工事屋さん】の特徴は以下のようになります。

 

  • 低価格
  • 電気全般を任せられる
  • 経験豊富
  • 安心施工

電気設備全般の電気工事を安心して任せられる!ということはとても大きな特徴です。

電気工事業者の中には、「コンセントやブレーカーについては詳しいけどアンテナなど通信系の設備については工事できない」という業者がいます。私も電気関係の仕事をしているので気持ちはよくわかるのですが、電気工事を受注業者としてこれではいけません。

電気工事業者にはどんな事態が発生しても対応できる知識と経験が必要になります。

例えば、電気工事の依頼でコンセントの調子が良くないから修繕をしに現場にいったら、悪いのはコンセントではなく通信設備の方だった。故障原因が予想と違っていたけど通信設備をなんとか修繕することができた。ということがありました。

このとき電気工事をお願いした業者さんは今でもはっきり覚えています。

電気工事業者によって、対応や知識、技術力は異なります。電気のプロだからってなんでもできるわけではありません。【電気の工事屋さん】のような経験が豊富で幅広い設備の工事を日頃から手がけている業者さんにお願いすることがおすすめです。