電気代の平均っていくら?【我が家の電気代・電気契約使って料金プランの見直しの方法を紹介】

Left Caption

豆父ちゃん

一般家庭の電気代ってどれくらい?電力会社を変えれば電気代って安くなるの?

こんな疑問にお答えします。

家庭によって電力会社や生活スタイルが違うので、一般家庭が支払っている電気代は〇〇円!というように具体的に紹介することはできません。

そこでこの記事では、我が家の家族構成、生活スタイル、電気契約・料金を具体的に発表し、同じような環境で生活している家庭の電気料金の比較基準にしてもらえたらと考えています。我が家との電気料金を比較することで、料金プランを変更しよう!もっと節電しよう!という考えになっていただければ幸いです。

電気の料金プランの見直しなんてめんどうで昔から変更していない!電気料金の計算が難しくてよくわからないので料金プランの変更はしていない!という方は毎月の電気料金の支払いで損をしている可能性があります。

少しでも節約したい!損をしたくない!という方は電力会社の見直しを検討してみてください。

 

我が家の生活スタイル・電気代を紹介

我が家は幼稚園児の子供が2人と30代夫婦という家族構成です。

大きな電力を消費する家電は以下のとおりです。

 

  • 洗濯機
  • 掃除機
  • オーブントースター
  • 電子レンジ
  • IHクッキングヒーター
  • 電気温水器
  • 電気炊飯器

特別に電気を使用するような家電は持っていません。

電気契約は夜間の電気代が半額になる料金プランなので23時〜翌日7時までの間に電気を使えばお得になります。

洗濯や掃除を電気料が安い時間帯に行って節電したいのですが、子どもがまだ小さいためなかなか実行することができません。疲れ果てて22時には家族みんなで就寝してしまう!生活スタイルです。

そんな我が家の電気代の平均は毎月9千円〜1万4千円です。

電気温水器でお湯が作られるため、ガスの使用がないためその分電気代が高めになっています。

我が家は、節約・節電を積極的に行っているので低めの料金になっていると思います。家族構成が似ているご家庭は是非比較対象にしてみてください。

 

電力会社を変えるだけで毎月の電気料金が安くなる

電力会社を変えて料金プランを見直すだけで電気料金を安くすることができます。

 

  • 生活スタイルに合った料金プランを選択できる
  • 電気契約に付随してお得なサービスを受けることができる
  • 環境問題に貢献することができる

電力自由化が始まってから、携帯電話会社やガソリン会社などのようないろんな業種の事業所から電気を購入することができるようになりました。

例えば、携帯電話会社が提供する電気を購入すると電話料金の割引サービスを受けることができるようになります。毎月の携帯電話料金を少しでも安くしたい!と考えている方におすすめです。

いろんな会社から電気を買えるようになったので、どの会社を選べばいのか迷って決められない!という方におすすめの会社をご紹介します。

 

Looopでんき




Looopでんきの最大の特徴が、基本料金が0円ということです。使った分の電気代しかかからないというとてもシンプルな料金プランになっています。

基本料金が0円なので従量電気料が高めに設定されていると思ったのですが、そんなことはありませんでした。従量電気料の価格は他の電力会社のさほど変わらない設定になっているので、電力会社をLooopでんきに変えるだけで基本料金がそのまま安くなる可能性があります。

電気料金を安くしたい!と考えている方はLooopでんきへの切り替えがおすすめです。

Looopでんきの料金プランの中でも再エネどんどんプラン(北海道エリア限定)がおすすめです。Looopでんきから電気を購入し続けていると、どんどん電気代が安くなる!という料金プランです。

この料金プランの驚きポイントが、20年後以降の従量電気料金の安さです。

この単価は他のどの電力会社よりも安いと思います。将来を見据えて節電をしていきたいと考えている方におすすめです。

我が家は賃貸契約の関係で利用する電力会社が指定されているので料金プランを変更することができません。我が家の料金プランでは、基本料金が毎月1,430円発生しています。

Looopでんきに切り替えると今よりも毎月1500円程度の電気代が安くなることが分かっているので、住宅管理会社と交渉して電力会社をLooopでんきに変更してもよいか交渉する予定です。

下記の記事ではLooopでんきの電気料金が安くなる理由について詳しく解説しています。

Looopでんきへの切り替えを検討している方は是非チェックしてみてください。

ハルエネ電気




ハルエネ電気は一般家庭ではなく、事業所や会社向けの電力会社です。電気料金が安くなるのはもちろんですが、不随されているオプションサービスがとても魅力的です。

 

  • トラブル解決レスキュー
  • おもてなし通訳コール
  • オフィスサポートパック
  • 店舗サポートパック
  • プレミアムパック

上記7つのオプションが用意されていて、電気料金に加えてオプション料金を追加で支払えばオプションサービスを受けることができます。

例えば、トラブル解決レスキューでは、鍵・水・ガラス・電気・ガスの急なトラブル時に電話1本ですぐに駆け付けてくれる!というサービスです。

比較的多くの電気の使っている会社で電気代を安くして、セキュリティを強化したい!という会社にハルエネ電気はおすすめです。

私は仕事でいろんな事業場の電気設備の保守管理をしています。高圧受電設備の保守がメインなのですが、お客様から「低圧受電をしている事業の電力会社を切り替えるならどの会社がおすすめなの?」ときかれることがあります。そのとき私は、「セキュリティがしっかりしていて電気料金が安いハルエネ電気」をおすすめさせていただいてます。

お申込みも簡単で、最近の検針票さえあればすぐに見積もりを問い合わせすることができます。

 

法人・個人事業主の方は下記の記事【ブレーカーを取替えるだけで電気代を安くする方法】も併せてチェックしてみてください。

主幹ブレーカーの取替と電気契約を変更するだけで電気代を安くなる可能性があります。難しい電気量の計算や電気契約の見直し作業をする必要は一切ありません。電子ブレーカーを扱う会社に見積もり依頼をするだけで手続きは完了です。あとはプロが現地と契約内容の確認をして、電気代がどれだけ安くなるのか具体的なシミュレーション行ってくれます。

電気代を少しでも安くしたい!とお考えの事業所は是非サイトをチェックしてみてください。

 

電気代以外の出費を抑える方法を考える

電力会社を変更することで、電気代以外の生活にかかる費用を抑えることができます。

例えば、携帯電話会社が提供する電気を購入すると携帯料金が安くなったり、ガソリン会社が提供する電気を購入するとガソリン料金が安くなる!ということです。

エルピオでんきで電気とガスの料金を抑える




エルピオでんきの特徴は、ガス(都市ガス・LPガス)と組み合わせることで電気とガスの両方をお得に利用することができる!ということです。電気料金も他の電力会社に負けないくらい低価格設定にもかかわらずガス代まで割引になるので、かなりおすすめの電力会社です。

電気の基本料金、従量料金ともに地域の電力会社が設定している料金よりも安い設定になっているので、地域の電力会社から切り替えるだけで電気料金だけでもを安くすることができます。エルピオでんきでは、お得なキャンペーンを頻繁に開催しているのでエルピオでんきに切り替えを検討している方はキャンペーン中の申し込みをおすすめします。

 

デメリットとしては、利用できる地域が限定されている!ということです。私が住んでいる北海道地域ではエルピオでんきを利用することができません。さらに、最も割引率が高い「電気と都市ガスの両方を切り替え」を行うにはさらに利用できる地域が限定されます。

エルピオでんきを利用することができて、お住いの地域が都市ガスを使用している!という方は、迷うことなくエルピオでんきへの切り替えをおすすめします。

エルピオでんきを利用できるエリアは、「東京エリア」「中部エリア」「東北エリア」「九州エリア」「中国エリア」「関西エリア」「四国エリア」「北陸エリア」となっています。詳しくはエルピオでんき公式ホームページで利用可能エリアをご確認ください。