印象に残る贈り物を選びたい方必見!新しい贈答品【祝い竹炭】の魅力を紹介

Left Caption

豆父ちゃん

贈り物選びって難しい。祝い花はありきたりだから他のものを選びたい。

こんな悩みを解決します。

結論から言うと、【祝い竹炭】を贈る!ということです。

私は2021年に脱サラし、個人事業主として開業して一年目の新米事業者です。

現在、参考書や先輩事業者の方から事業者としての常識や立ち振る舞いを勉強中です。会社員の頃には全く考えもしなかった経験をさせてもらっています。その中でも、事業者としてお世話になっている方に贈り物をすることはとても重要で常識である!ということを学びました。

会社員時代はお世話になっているお客様や上司に対して贈り物をするなんてことはありませんでした。贈る相手に失礼にあたらず、良い印象を持ってくれる贈り物はないだろうか!と探しているときに先輩事業者の方が教えてくれたのが【祝い竹炭】です。

この記事では、【祝い竹炭】の特徴や魅力をご紹介します。贈り物選びでお困りの方は是非参考にしてみてください。


【祝い竹炭】とは

「祝い竹炭」は、古くから縁起物とされている日本の竹炭を使用した贈答品です。
プレゼント相手に対して、お祝いの気持ちを伝えるとともに、あなたの個性をさりげなく主張します。

4種類の商品から選ぶことができ、上品で優雅な印象を相手に与えることができます。

 

【祝い竹炭】の魅力

【祝い竹炭】は新しい形の贈答品として注目されています。

 

  • 炭による消臭機能
  • インテリア性
  • 手間いらず(水やり不要)
  • 環境保全に貢献

【祝い竹炭】には上記のような魅力があります。

習慣化されている祝い花と比べても、【祝い竹炭】の方が多くのメリットがあります。

 

  • 手間いらず(水やり不要)
  • 長期保存可能
  • 海外ウケが良い

ちょっと変わった贈り物をしたいけど、失敗したくない!という方に【祝い竹炭】はとても魅力的です。

 

【祝い竹炭】を利用してみて

私は、開業祝い、退職祝い、結婚祝いという場面で【祝い竹炭】を利用させてもらっています。相手先からは必ずと言っていいほど、「とてもおしゃれで花よりも嬉しい」というコメントをもらっています。

仕事でお世話になっているお客様に【祝い竹炭】を贈る機会があり、お客様の印象に強く残ったようで今でも【祝い竹炭】の話題に出てくることがあります。【祝い竹炭】は感謝の気持ちが伝わり、印象を相手に残すことができます

私は、お客様の代表と外部委託の契約をさせていただいて電気設備の検査をさせていただく形で仕事をしています。

会社の取締役(社長)と打合せするときには、仕事以外の話題をすることがあり、【祝い竹炭】を贈ったあとは必ず贈り物の話題になります。

「祝い花は無難なんだけど、ありきたりだよね!【祝い竹炭】は花と同じように扱うこともできるし、長持ちする。これなら私も贈り物をするときに利用したい。

と言ってくれるお客様が多くいらっしゃいます。

【祝い竹炭】を利用してみて感じたことは、印象を相手に残すことができ、喜んで頂ける!ということです。

 

【祝い竹炭】はこんな方におすすめ

【祝い竹炭】は、ありきたりな贈り物ではなく、おしゃれで印象に残るような贈り物をしたい!という方におおすすめです。

 

  • ちょっと手の込んだ贈り物をしたい
  • 印象に残る贈り物をしたい
  • 喜んで貰える贈り物をしたい

私は個人事業主として事業を始めてから、贈り物についてよく考えるようになりました。

事業を始める前の会社員時代には、お菓子や飲み物の詰め合わせを贈る程度でしたが、事業を営む代表という立場になったからには今までのようにはいきません。

良質で尚且つ贈られて喜んで頂けるもの!を選ぶ必要があります。

私のように、今まで贈り物に無頓着だったけど、これからは贈り物の内容まで意識しなければならない!という方にとって【祝い竹炭】はピッタリなサービスです。

仕事以外でも、友達の結婚祝いや家族の還暦祝い、母の日などいろんな祝い事に【祝い竹炭】を利用することができます。

【祝い竹炭】を贈られて嬉しくない!と感じる方はいないはずです。【祝い竹炭】は、今まで贈り物に無頓着だった方も利用しやすい贈答品です。これからなにかしら祝い事がある!という方は【祝い竹炭】を利用してみてはいかがでしょうか。

 

これから個人事業主になる方へおすすめ情報

個人事業主になると会社員の頃のようにはいきません。社会人として常識的な行動をより一層取らなければいけません。

上記で紹介した【祝い竹炭】を利用した贈り物もその一つです。相手のことを想って少しでも喜んで貰える贈り物をすることで、今後のお付き合いが今まで以上に良好になることもあります。

社会人から個人事業主として独立した私が体験した、おすすめのサービスをご紹介します。

マネーフォワード確定申告


マネーフォワードはクラウド型の会計ソフトです。会計ソフトをまだ決めていない!という方はマネーフォワードがおすすめです。

 

  • 請求書、見積書、領収書の作成ができる
  • 帳簿の作成ができる
  • 確定申告に必要な書類が作成できる
  • マネーフォワード全ての情報を連携することができる

マネーフォワードには上記のような特徴があり、個人事業主の会計作業はマネーフォワード一つあれば全て処理することができます。

私は主に以下の会計業務でマネーフォワードを利用しています。

 

  • 請求書、見積書、領収書の作成
  • 帳簿の作成
  • 確定申告書の作成

マネーフォワード一つで全ての会計作業を行うことができます。さらに事業用で使っている通帳をマネーフォワードに登録しているので、リアルタイムで通帳内のお金を確認することができます。

請求書発行→領収書発行→入金確認→帳簿の整理

上記の流れをスマホで常に確認することができるので、ふとしたときに帳簿を確認したり支払いの入金確認を行うことができます。よく帳簿付けを忘れてしまう!という方は全ての会計業務を流れで処理できる会計ソフト【マネーフォワード】が絶対におすすめです。

下記の記事では、【マネーフォワード】の使い方やおすすめの理由をもっと詳しく紹介しています。

 

名入れタオルの製作



名前を入れてタオルを製作してくれるサービスです。名入れのデザインを自由に注文することができ、いろんなサイズのタオルが用意されてます。

きっとあなたが考える思い通りの名入れタオルを製作してくれるはずです。

良心的な価格設定のため大量発注も安心して行うことができます。

タオルは何かと使い勝手がいいので、贈られた側も嬉しく思うはずです。

私は年末年始の挨拶、新しい仕事の受注などの時に利用させてもらっています。

会社員時代のときは協力会社やお客様から名入れタオルをもらう側でしたが、個人事業主として開業してからは贈る側になりました。挨拶として名入れタオルを準備しておくことは、なにかと役に立つので事業主にとっておすすめです。



 

名入れカレンダーの製作




名前を入れてカレンダーを製作してくれるサービスです。カレンダーの様式が豊富に取り揃えてられているので、仕事によって使いやすいカレンダーを選ぶことができます。

カレンダーは使いやすさで選ぶことが重要です。会社員の頃、協力会社やお客様からカレンダーを貰う機会が多々ありました。そこで感じたことは、使いやすいカレンダーを贈ってくれる会社のことは忘れない!ということです。

贈り物のカレンダーなんだから適当に決めちゃえ!という考えでは贈る意味が全くありません。

贈る相手の仕事内容を踏まえ、カレンダーの様式を考えてみてください。そうすると、いろんな種類のカレンダーを製作したくなるはずです。



 

文章の改善点を指摘してくるサービス【文賢】




個人で事業を行うようになって感じることは、仕事で作る書類の文章が正しいものなのか!ということです。

会社員の頃は会社で決められた様式で書類を作ったり、ルール化された中でメールを送信したりしていました。そのため、相手に失礼にあたる文面だろうか?一般常識的に正しいメールの送り方なのだろうか?ということを考えたことがありませんでした。

開業し個人事業主となった今は、作成する書類一つ一つに注意を払いながら書類作成を行っています。

特に、契約書や請求書の送付状、メールを送信する際には、相手に失礼がないか!一般常識に正しいのかをネットや参考書で調べながら作業を行っていました。いくら参考書やネットで調べながら作業をしていても自分で作成した書類を自分でチェックするという行為には限界があり、本当にこれでただしいのだろうか?と疑心暗鬼のまま作業をしなければならないことだってあります。

そんなときに便利なサービスが、作成した文章のチェックをプロが行ってくれるサービス【文賢】です。【文賢】ではさまざまな視点からアドバイスをしてくれます。

 

  • 読みやすさのチェック
  • わかりやすさのチェック
  • 不快語のチェック
  • 日本語の誤用のチェック
  • 誤字・脱字のチェック
  • 環境別の見え方のチェック

上記の6項目のチェックを行ってくれるので、作成した書類の信頼性がアップし本業に専念できる!というメリットがあります。

私は事業を始めてからメール1通送信するのでも、相当のストレスを抱えながら仕事をしていました。

 

  • 冒頭のあいさつは必要なのだろうか
  • 相手先の企業名は部署まで記入すべきなのだろうか
  • 文章中の句読点はこれで正しいのだろうか

実際に文章を作成する場面にならなければ上記のようなストレスを感じることはできないと思います。

【文賢】は正式な文章を作成する仕事が多い方やこれから個人事業主として開業する方におすすめのサービスです。文章作成に自身のない方は【文賢】を導入してみてはいかがでしょうか。