おしゃれな封筒を使うと失礼になる!?【請求書や見積書など書類の郵送におすすめの封筒をご紹介】

Left Caption

豆父ちゃん

請求書や見積書を送付するときの封筒ってどんなものを使えばいいの?

こんな疑問にお答えします。

結論から言うと、取引先の印象に残るようなおしゃれな封筒を使うべき!です。

おしゃれなオリジナルデザイン封筒を使えば取引先に失礼な印象を与えてしまうのでは?と考える方がいますが、そんなことはありません。失礼にあたるどころか好印象を与える可能の方が高い!と私は考えています。

この記事では、実際におしゃれなオリジナルデザイン封筒に変更してから取引先からの印象が変わった経験を踏まえておすすめの封筒について紹介します。

 

オリジナルデザイン封筒制作サービス【チャミロ】

【チャミロ】は封筒のオリジナルデザインを制作・販売するサービスを行っています。【チャミロ】で制作する封筒は、全面印刷を行ってから断裁・型抜・各種加工・製袋を行うリッチな製法が採用されています。一目で量販店で販売されている封筒とは全然違う!という印象を取引先に与えることができます。

プロのデザイナーが事業に関する情報やロゴからレイアウトを考えてくれるので、おしゃれで自分だけのオリジナル封筒の制作が可能という特徴があります。

 

【チャミロ】の料金表

長3 テープなし(1枚辺りの単価) 長3 テープあり(1枚辺りの単価)
100枚 10,780円 13,530円
200枚 11,000円 14,190円
角2 テープなし(1枚辺りの単価) 角2 テープあり(1枚辺りの単価)
100枚 14,630円 17,380円
200枚 16,610円 19,800円

上記の料金表はほんの一部です。制作できる封筒の種類ももっと豊富に用意されていて、まとめて制作できる枚数も5,000枚まで注文することができます。100枚で注文するよりも500枚や1,000枚単位で注文した方が圧倒的にお得です。詳しくは【チャミロ】公式サイトの料金表を参考にしてみてください。

 

【チャミロ】はこんな方におすすめのサービス

【チャミロ】のデザイン封筒は以下のような方におすすめです。

 

  • 取引先にしっかりした会社である印象を与えたい方
  • 経理を担当していて封筒の種類を選ぶ権限がある方
  • 文房具にまでこだわりを持って仕事をしたいと考えている方

上記のように考えを持っている方に【チャミロ】の封筒はとてもおすすめです。

【チャミロ】で作られた封筒で請求書や見積書をもらうと封筒のインパクトが強くて取引先の会社のことを記憶してしまうと思います。

私は以前勤めていた会社で取引先の会社から契約書を郵送で受け取ったことがあるのですが、そのときの封筒が会社独自で制作している封筒で事業風景が全面にプリントされた封筒でした。

このとき凄い手の込んだ封筒だ!封筒にまでこだわりを持って事業を進めている会社なんだなぁという印象を受け、個人事業主として自分で事業を行なうようになった現在、封筒にまでこだわりを持って事業を進めたい!と強く考えるようになりました。

他にはない封筒を使って書類を送付したい!と考える方に【チャミロ】のオリジナル封筒はおすすめです。

 

<<オリジナルデザイン封筒制作サービス【チャミロ】の購入はこちら

 

おしゃれな封筒の作り方

【チャミロ】で制作した封筒には自分の会社名や氏名などの情報を記載することができます。なので封筒に自分の情報を記入する必要はありませんが、相手先の会社名や氏名を入力する必要があります。どのように封筒を作れば見栄えのいい封筒を作成することができるのか具体的に説明します。

封筒に取引先の情報を記入するには3つの方法があります。

 

  • 取引先の情報を記入した宛名シールを貼る
  • 直接封筒に取引先の情報をプリントする
  • 手書きで取引先の情報を記入する

私のおすすめは、1つ目の「取引先情報を記入した宛名シールを貼る」です。3つ目の手書きで取引先の情報を記入する方法は字がキレイな人以外にはおすすめできません。【チャミロ】でせっかくおしゃれな封筒を作ったとしても、記入する文字が汚ければ全てが台無しになってしまいます。

1つ目の方法「取引先の情報を記入した宛名シールを貼る」または2つ目の方法「直接封筒に取引先の情報をプリントする」で封筒を作るように心がけましょう。

 

宛名シールを使った封筒の作り方

宛名シールとは、会社名や住所、氏名といった情報をプリンターで記載することができる用紙のことです。パソコンで取引先の情報を入力することができるので取引先が変更になったり、新しく追加されたときでも宛名シールを自分でプリントアウトすることができます。宛名シールは取引先に書類を郵送する仕事で必要不可欠な商品です。

上の写真のように取引先情報を印刷した宛名シールを貼るだけで封筒を作成することができます。

 

おすすめの宛名シールは次の商品です。

シールの大きさが決められているので、見た目がキレイな封筒に仕上げることができます。ラベルの枚数も指定して購入することができ、何もカットしていない1面から65面で選ぶことができます。封筒に宛名ラベルを貼る以外にもいろんな仕事で使える商品です。

シールタイプの用紙に自分でテキストをプリントしたい!という方におすすめです。

 

宛名シールの中でもあまりおすすめできないものが、シールを自分でカッティングする宛名シールです。

用紙にまんべんなく取引先の情報を記載できるので無駄な余白ができなくてお得!と考えて購入したのですが、キレイに四角くカッティングするのは想像以上に難しい作業になります。真っ直ぐカッティングできない!と思うなら先ほど紹介した、最初っから大きさが決められている宛名シールの購入がおすすめです。

 

封筒に取引先の情報をプリントする封筒の作り方

ワードやエクセルを使って封筒に取引先の情報をプリントする方法があります。パソコンと封筒の印刷が可能なプリンターがあれば印刷することが可能です。

自由に編集することができるメリットがある反面デメリットもあります。デメリットは封筒の右上にある郵便番号の枠に数字をプリントすることが難しい!ということです。

上の写真は実際に私が使っているワードで作成した長3封筒用の様式です。取引先の住所や会社名を変更するだけで使い回しすることができるのでとても使い勝手がよく、見栄えの良い封筒を作成することができます。郵便番号の数字を封筒の枠内に収めるために何回もテスト印刷をして調整を行いました。

ワードの設定はこれで完璧なのですが、プリンターにセットする封筒がズレてしまうと郵便番号の数字が枠から外れてしまいます。どれだけ気を付けて封筒をプリンターにセットしたとしても10枚に1枚の確率で印刷ミスを発生させてしまっています。

次に封筒を購入するときは郵便番号を記入する枠がない封筒にしようと考えています。なぜなら、枠も一緒にワードで作成してしまえば印刷ミスをなくすことができるからです。

これから封筒を購入しようと思っている方は、郵便番号の枠有りか無しをしっかり検討してから購入することをおすすめします。

 

 

おしゃれな封筒に変えて取引先からの印象がアップした経験

おしゃれなオリジナルデザイン封筒を使う前は、ホームセンターなどで販売されている無地の茶封筒を使っていました。茶封筒でも何の問題もないのですが、取引先には他の会社となんら変わらない印象しか与えることができません。

取引先や自分の情報をばっちり見栄えよくプリントすることで満足していたのですが、これはできて当たり前のことです。

 

封筒をおしゃれなオリジナルデザイン封筒に変更した後は、取引先の経理の方から「他の会社さんと全然違う封筒だから、〇〇さんからの書類だってすぐわかります」と声をかけていただいたことがあります。「〇〇さんからの郵便物って遊び心があって毎月楽しみです」と言ってくださった取引先もあります。

 

他にも取引先の社長からこんなことを言われたことがあります。

道具や社用車を常にキレイにしている会社は仕事もキレイ。仕事の中身には全く関係ないかもしれないけど見栄えって重要だよね

感受性の高い人はいろんなことまで見ているんだなぁと感じました。

 

たかが封筒と思うかもしれませんが、封筒一つで会社の印象をガラッと変えることができます。全ての情報が手書きで作成された茶封筒より、オリジナルデザインで全ての情報がビシッとプリントアウトされている封筒の方が取引先に好印象を与えることができるのは明白です。

請求書や見積書などの書類を頻繁に郵送することが多い仕事では封筒のデザインまでこだわって封筒を作成することをおすすめします。