個人事業主になるためには開業届の提出が必要!?【開業するために抑えておくべきポイントを紹介】

Left Caption

豆父ちゃん

個人事業主として開業するにはどうすればいいの?

こんか疑問にお答えします。

結論から言うと、税務署に開業届を提出する!です。

基本的には開業届を提出するだけで個人事業主として開業することができます。しかし何の準備もしないで税務署に開業届を提出しにいくのは得策ではない!と私は思います。

私は大手電気会社を退職後、電気の仕事を営むため個人事業主として開業しました。

開業届を税務署に提出する際、開業届以外にもいろんな準備してから税務署に足を運びました。例えば、個人事業主として事業を営んでいくための帳簿の仕訳方法や確定申告についての疑問や質問を用意していきました。税務署の方は税金や確定申告に関する質問にも親切に対応してくれるので、せっかく足を運ぶのであればいろいろ教えてもらった方がいいと思います。

この記事では、個人事業主として開業するときに抑えておきたいポイントについて詳しくご紹介します。

 

個人事業主として開業するために必要なものとは

個人事業主として開業するための手続きは、税務署に開業届を提出する!たったこれだけです。

開業届は正式には「個人事業の開業・廃業等届書」と言います。

「個人事業の開業・廃業等届書」は国税庁のホームページでダウンロード・印刷することが可能です。私は税務署で職員の方と必要項目を記入しましたが、自宅で「個人事業の開業・廃業等届書」をダウンロードし必要事項を記入して税務署に持ち込んだ方が手間はかかりません。

<<国税庁のホームページはこちら

「個人事業の開業・廃業等届書」の書き方は下記のようになります。

赤枠の部分を記入すればOKです。

 

  • 氏名・生年月日
  • 住所・連絡先
  • 屋号
  • 職業・事業内容
  • 開業日
  • 専従者の有無

上記の項目を記入することができれば「個人事業の開業・廃業等届書」の作成が完了です。たったこれだけで開業できるの?とビックリするくらい手続きは簡単です。

「個人事業の開業・廃業等届書」の作成に事業印の押印が必要かと思ったのですが必要ありませんでした。

個人的に開業届の提出は事業の立ち上げの大切なもののように思えますが、税務署からすれば「開業届=個人で納税しますという登録」のようなイメージです。事務的な登録行為なのでこんなにも簡単に処理することができます。

 

開業届を提出する前に抑えておくべきポイント2選

開業届を税務署に提出しに足を運ぶ前に抑えておきたいポイントが2つあります。それは専従者給与支払いの有無と屋号の名称です。

なにも準備せず税務署に行ってから開業届に必要事項を記入しよう!という考えでは開業届を完成させることができない可能性があります。特に専従者給与支払いの有無と屋号の名称に関しては、よく理解しないまま開業届を提出に来る方が多いようです。「開業届の提出なんて簡単、税務署に行ってその場で作成できる!」なんて考えず、記入しなければならない必要項目についてしっかり調べてから税務署に足を運びましょう。

 

専従者給与の支払い

専従者への給与支払いがある場合、開業届の他に「青色事業専従者給与に関する届出書」の提出が必要になるので、下記の項目を記入できるように準備しておきましょう。

 

専従者となる方の情報

 

  • 氏名
  • 続柄
  • 年齢
  • 業務内容
  • 資格
  • 支払う給与金額

 

上記の項目の中で注意したいポイントが、専従者の支払う給与金額です。これはいくらに設定したらいいのか今でもよくわかりません。税務署の方に「相場っていくらなんですか?」「めちゃくちゃ多く支払ってもいいんですか?」と聞いても答えてくれませんでした。

私の場合、妻を専従者として給与を支払っているのですが、「配偶者控除額よりも高くなる、かつ労働時間に見合った金額」を計算して給与金額を決定しています。

準備をせず税務署に行き、いきなり専従者に支払う給与金額を記載しろ!と言われたら困り果ててしまうはずです。事前に給与金額を決めてから税務署に足を運びましょう。

 

屋号の記入

開業届には屋号を記入する欄があります。屋号は自分の会社の名称となるとても重要なものです。人生のうちに自分の会社の屋号を決めることなんて何回もあることではないので、じっくり悩んで満足のいく名称にしましょう。

 

開業するなら無料サポートサービス【マネーフォワードクラウド開業届】が便利


マネーフォワードクラウド開業届は、知識0の方でも簡単に開業届を作成できる完全無料のサポートサービスです。マネーフォワードクラウド開業届は下記のような方におすすめのサービスです。

 

  • 開業届を作成したいけど仕事が忙しくて書類について勉強する時間がない方
  • 会計ソフトをマネーフォワードクラウドを利用しようと考えている方
  • 開業と同時に青色申告をしたいと考えている方
  • 副業の収入が増えてきたので自分で確定申告しようと考えている方

 

マネーフォワードクラウド開業届のサービスを利用すれば数分で開業届を作成することができます。あとは作成開業届を税務署に提出しにいくだけです。

 

マネーフォワードクラウド開業届の使い方

マネーフォワードクラウド開業届の使い方は以下のようになります。

 

  1. 開業届作成に必要な質問に答える
  2. フォームに沿って必要事項を入力
  3. 開業届が完成

とても簡単に開業届を作成することができます。もし入力に困ることがあれば、メールやチャットで問い合わせすることができるサポートを受けることもできます。

サービスの利用・会員登録全て無料でサービスを利用することができるので、気になる方はマネーフォワードクラウド開業届を試してみてはいかがでしょうか。

<<マネーフォワードクラウド開業届の無料会員登録はこちら

 

マネーフォワードクラウド開業届のメリット

開業届の作成なんて簡単なんだから、わざわざマネーフォワードクラウド開業届を利用しなくていいんじゃない!と思われた方がいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。マネーフォワードクラウド開業届には開業届を作成する以外にもお得なサービスを受けられることができます。

 

  • 入力した内容から開業届出書以外の書類を作成することができる
  • ほかのマネーフォワードクラウドのサービスの利用をスムーズに開始できる
  • マネーフォワードクラウドで経理・会計の情報を取得することができる

上記でも紹介していますが、開業届で専従者給与の支払いがある場合、「青色事業専従者給与に関する届出書」の提出が必要になります。マネーフォワードクラウド開業届のサービスを利用すると、この「青色事業専従者給与に関する届出書」も自動で作成してくれます。

あなたの事業環境に応じた必要書類を自動で出力してくれる!ということです。開業の手続きに関して知識が0の方にとってとてもありがたい機能なので、是非利用してみてください。

他にもマネーフォワードクラウドの公式ホームページには、「開業の流れ・そもそも開業とは」「副業している会社員の開業について」など開業や納税に関する情報が豊富に掲載されています。

マネーフォワードクラウドの特徴として、経理・会計に詳しくない初心者が疑問に思うような項目が多く掲載されている感じがします。「副業で得た収入の確定申告の方法」「帳簿の仕訳」などとても参考にさせてもらっています。

<<【マネーフォワードクラウド開業届の基礎知識】はこちら

 

個人事業主になると経理・会計業務をしなければならない

開業届出書を税務署に提出した後は、毎年確定申告を行わなければなりません。お金を払って税理士に帳簿の仕訳や確定申告をお願いするのであれば別ですが、帳簿の仕訳や確定申告書の作成が必要になります。

このような経理・会計業務を自分で処理するには、会計ソフト【マネーフォワードクラウド】の導入がおすすめです。【マネーフォワードクラウド】では以下のサービスを連携して利用することができます。

 

  • 請求書・領収の作成
  • 帳簿の仕訳
  • 銀行口座の入出金の情報取得
  • 確定申告書の作詞絵

 

私は以下のように【マネーフォワードクラウド】を利用して経理・会計業務を処理しています。

 

  1. マネーフォワードクラウドで請求書を作成
  2. 作成した請求書の情報が自動的に帳簿に反映
  3. 取引先から銀行口座に入金される
  4. 入金の情報はマネーフォワードクラウドに自動的に反映
  5. 帳簿から確定申告に必要な書類を自動で作成

請求書の情報や口座の入出金情報が自動的に反映されるので、帳簿への入力忘れ、入力ミスといった誤操作を防止することができます。下記の記事では【マネーフォワードクラウド】を使って請求書を作成する方法について詳しくご紹介しています。

 

これからマネーフォワードクラウドを使って経理業務を行おうと考えている方は参考にしてみてください。

マネーフォワードクラウドを使えば請求から領収までの経理、会計業務をスムーズに処理することができます。仕訳した情報から自動で確定申告書を作成することができるので経理・会計業務にかかる手間を大幅に削減することができます。

 

もちろん手書きで確定申告書を作成している方もいれば、エクセルを使って独自の会計ソフトを使っている方いるかと思います。私も【マネーフォワードクラウド】を利用する前は、自分でプログラムを組んだエクセルを使って帳簿管理をしていましたが、入力忘れや入力ミスを多発させてしまい見直し作業にかなりの手間と時間を費やしていました。

手書きやエクセルで帳簿付けをする行為はこれから経理・会計業務を始める方にあまりおすすめすることはできません。専用の会計ソフトの使いやすさ・便利さには敵わないと私は思います。