電気屋さんを探すなら【電気の工事屋さん】にお任せ!コンセント・ブレーカーなど電気設備の取替依頼ができる

Left Caption

豆父ちゃん

コンセントやスイッチ、ブレーカーなどの電気設備の取替をしたい!とこに注文すればいいの?

こんな疑問にお答えします。

結論からいうと、電気設備の取替は【電気の工事屋さん】に注文する!です。

私は電気設備を保守・管理する仕事をしています。いろんなお客様の施設にいって作業していると、「電気工事を検討しているんだけどいい工事屋さん教えてくれる?」と声をかけられます。このようなときには、経験豊富な【電気の工事屋さん】に依頼することをおすすめしています。

この記事では、【電気の工事屋さん】の特徴、おすすめの理由について詳しくご紹介します。

電気設備の工事を予定している方は是非参考にしてみてください。


【電気の工事屋さん】とは

【電気の工事屋さん】は住宅や施設などの電気設備の新設・取替・修繕を行ってくれる電気工事業者です。

 

  • エアコンの取替
  • コンセントの取替
  • 照明の取替
  • 車庫の電源新設
  • 防犯カメラの設置
  • テレビアンテナの修繕
  • ブレーカーの取替
  • 換気扇の取替

これらの電気設備を工事するには、第二種電気工事士という資格が必要となります。【電気の工事屋さん】では公式ホームページでも掲載されていますが、国家資格保有者が必ず現場にて施工すると紹介されています。安心して電気工事をお任せすることができます。

さらに上記の内容にない電気工事の依頼でも相談にのってくれます。施工できるかできないか、金額はどの程度かかるのかを丁寧に見積もりしてくれます。

電気工事のことで困ったらまずは相談の連絡をしてみるといいでしょう。

 

対応エリア

対応エリアは全国対応です。どこに住んでいても対応してくれるのはとてもありがたいですよね。

以下の地域は出張対応エリアとして紹介されています。

北海道・宮城・山形・東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城・愛知・岐阜・静岡・山梨・富山・福井・大阪・三重・京都・滋賀・兵庫・和歌山・広島・岡山・香川・愛媛・徳島・福岡・佐賀・長崎・大分・宮崎・鹿児島・熊本

これだけ幅広いエリアに対応しているので、対応に時間がかかる場合があるかと思います。前もって早めに連絡するがおすすめです。

 

電気工事の依頼方法

電気工事の依頼方法には、メールで依頼する方法電話で依頼する方法の2つのパターンがあります。

私のおすすめは、電話での依頼方法です。電気工事の依頼って専門用語が必要になったり、どのように施工してほしいのか施工方法を伝えるのってとても難しいことなんです。そのため電話で経験豊富なスタッフに聞き取りをしてもらうことで、注文の内容を確実に伝えることができます。

電話での注文は10時~19時という時間指定があるので、この時間帯に注文連絡ができない方は24時間対応しているメールでの注文になります。メールでは電気工事の内容を具体的に記述する欄のほかに、写真を添付することができる欄が設けられているので、写真データを使って工事内容を具体的に依頼することができます。

 

【電気の工事屋さん】がおすすめの理由

【電気の工事屋さん】がおすすめの理由は次のようになります。

 

  • 施行が丁寧
  • 対応が早い
  • 電話対応が良い

施工がキレイで接客対応がいいので、電気工事をお願いするなら【電気の工事屋さん】がおすすめです。私が最も重視するポイントは、「施工がキレイかどうか」です。電気関係の仕事をしているので同業者として出来栄えがしっかりしているかが一番気になるポイントです。そんな電気関係の仕事をしている私が感じる【電気の工事屋さん】が行う電気工事の施工についてご紹介します。

電気工事の施工が丁寧でキレイ

【電気の工事屋さん】の電気工事は丁寧で仕上がりがとてもキレイです。部屋を汚さないよう配慮してくれて後片付けもしっかりやってくれます。

あたりまえのことと思うかもしれませんが、業者の中には、部屋を汚したり後片付けを適当に済ませて帰ってしまう方もいます。実際に私は次のような電気工事の現場を目撃したことがあります。

 

  • 汚い手袋のまま電気工事を行い壁にシミを付ける
  • 電線の切れ端や材料袋など小さいゴミを残している
  • 靴の裏の泥を持ち込む

業者の中には、電気工事さえ終われば他のことは関係ない!と考えている方がいるようです。電気工事を依頼するときは、電気工事の施工だけではなく施工以外の対応までしっかりしている業者を選ぶことが重要です。

 

電気の規定(ルール)通りの施工

【電気の工事屋さん】は電気事業法という電気の規定に定められている規則に則って電気工事を施工してくれます。簡単に言うと、定められているルール通り施工してくれる!ということです。

電気工事にはいろんな規定(ルール)があって、ケーブルの太さやブレーカーの容量、ケーブルの接続に使う材料までしっかり決められています。電気が使えるようになればなんでもいい!といった施工をしてしまうと、感電や漏電火災を発生させてしまう恐れがあります。

電気工事を施工する業者すべてが規定通りしっかり施工してくれるとは限りません。業者によっては知らず知らずのうちに規則(ルール)違反の施工をしてしまう方もいます。電気設備の点検中次のような現場を目撃したことがあります。

 

  • 定められている規定よりも細いケーブルが使われている
  • コンセントの白線と黒線が逆に接続されている
  • 定められている規定通りケーブルが支持されていない

謝った電気工事を施工してしまうと、電気が使えなくなったり漏電火災を発生させてしまう危険があります。なので電気工事には「電気工事士」という国家資格が必要なのです。

【電気の工事屋さん】は資格保有者が必ず施工現場にいて、規定通りの電気工事を施工してくれます。

電気工事業者ならどこでも一緒!という安易な考えではいけません。信用できる電気工事業者に電気工事を依頼することが重要です。

 

電気工事を自分でやっていいの?

基本的に電気工事を自分でやることは法律で認められていません。電気工事を行うには「電気工事士」という資格が必要だからです。専門的な知識と技術が必要になります。

自分でやっていい電気工事は以下のような簡易的なものに限ります。

 

  • コントカバーの取替
  • 照明のカバーの取替
  • 電球の取替
  • ケーブルを壁に止める

このような簡易的な作業をするときには「電気工事士」という資格がなくても自分で作業することが可能です。これに対して、電気工事士の資格が必要な作業とは「電路に触れる可能性がある作業」のことです。

 

例えば、コンセント自体を取替える作業には電気工事士の資格が必要になります。

コンセントに接続されている電線(白線と黒線)を抜き差しする工程があり電路に触ることになるからです。

 

他にも次のような作業は電路に触れることになります。

 

  • 照明灯具の取替
  • ブレーカーの取替
  • スイッチの取替

ネットや参考書で工事のやり方を調べると、自分にもできると思いやってしまう方が多くいらっしゃいますが、電気工事士の資格が必要になりますので注意が必要です。

もし電気工事に不備があると、電気が使えなくなったり最悪の場合漏電火災に繋がる恐れがあります。

しかも、電気工事を施工した直後に問題が発生するわけではなく忘れた頃に問題が発生するケースもあります。そうなると、問題の原因の検討が付きづらくなって大きな事故へと繋がる可能性が高まります。

電気は扱いがとても難しいエネルギーです。これくらいなら自分でできる!と簡単に考えず、電気工事はプロにお任せすることをおすすめします。